さくら 満つ 月

好きなものつめこみブログ

ぬらりひょんの孫最終話「月は空にある」  

見たのは、「闇と氷」「魔王の小槌」「月は空にある」の3回だったぬら孫・・・。
と、思っていたら、

ぬらりひょんの孫 第二期放映決定!

更に

2011/1/8より、BS11にて第一期再放送決定!

とな?

BS11ではまだ第一期の放送が終わっていないようで、
(うちのテレビの番組表で見たら)残り2話でした。
あくまで目検で間違いはないとは思いますが、どうぞご確認を。

録画してたのは地上波でしたが。そうかBSでも見られるのね。
てっきりデジタル放送のかと思ってた。

さて、本題・・・というかぽつぽつと箇条書き。

玉章は自分の百鬼夜行(四十八鬼夜行?)を
何とも思っていな・・・・かったことはないと思うけど、

「父を超える」ために手段を問わないところがあるのね。
犬神を手にかけたり、鈎針女の「おそれ」の気持ちとかね。

「大妖怪ぬらりひょんの首は、僕が――――盗るよ」

まだ原作を読んでないので、彼が何を成したくてっていうところが
わからないのですが。冷たいだけの奴なのか・・・?

「越えなきゃなんねえのは親父じゃねえ・・・おめえ自身だろ」

朝焼けのリクオ。
変化しても、総大将のことは「じいちゃん・・・・」て呼ぶんだね。
低い声で。
なんとなく彼(リクオ)の名を書くのがもどかしい。

あと、烏天狗の子どもたち3人(3羽?)のなかに女の子がいる。
原作でも見たけど、皆男の子だと思ってた。

傷を癒しに四国へ帰ったという玉章。
安心するリクオ様。

「僕に・・・ついてくるのか?・・・物好きな奴 だな・・・」
犬・・・ひっかけてますね。

動いちゃだめですよ、っていう雪女。
すっと近くに寄ったときに雪女・・・つららちゃんの顔が赤くなっていたかわいい。

昼も夜もどちらも知っている、っていうのがよかったなあ。
モノローグ入ってた。昼夜若様がすーっとなるシーンとか。
昼の月はお前のそばにある。

桜がイメージぴったりの夜若いいですねえ。かっこいい。
アニメの絵が(原作も)きれいだ・・・。

やりとり見てて思ったけど、牛鬼がメインだったのですねむしろ。
最後には馬頭丸五頭丸も奴良組になじんでますね。

観はじめたばかりなのでお疲れさまでしたと言えるかはわかりませんが、
第一期再放送の録画を頑張ろうと思います。

追記:変化した玉章に狸の耳が生えていて可愛いと思ってしまった私。
ぬら孫って作画きれいだなあ・・・
ついったーより再録
関連記事

category: ぬらりひょんの孫

thread: 週刊少年ジャンプ全般 - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jupiterbecker69.blog135.fc2.com/tb.php/406-3c9da298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)